姫路散策

大切な物が設置してある、夢前川を挟む2つの公園

mitatikouenn姫路散策
どうぞと言ってくれている御立公園入口

姫路から車で約15分、近隣公園と地区公園と種類分けされている、駐車場完備の比較的広い公園が、夢前川を挟んで2つあります。遊具もたくさんあり休日は子供連れの家族でにぎわいます。それぞれの大切な物とポイント、目的別利用の仕方を、紹介します。

 

近隣公園 御立公園とは

 

mitatikouenn

どうぞと言ってくれている御立公園入口

mitatikouenn

この木なんの木実は桜

 

 

近隣公園とは、住区基幹公園の中で、2ha ある公園のことです。ここ御立公園は、1975年、開設時は、子供達が交通ルールを学べる「御立交通公園」として、姫路市が整備、2011年、リニューアルし家族連れが楽しめる緑の公園として、名前も新たに御立公園として再出発しました。

 

夢前川沿いの入り口から入ると目の前に、この~木何の木♪ のような大きな木が迎えてくれます。木の下に入ると、この~木何の木♪ の気分が味わえ、木陰の涼も味わえます。

 

24時間いつでも見れる 蒸気機関車

 

 

そのまま右向け右をすると、向こうにどんと構える、黒光りの蒸気機関車が目に入ります。周囲にネットが張ってあるので触れませんが、ネット回りをぐるりと一周出来るので、車両鉄、撮り鉄、SL鉄ファンには、たまりません。小さなお子さんも走って駆け寄っていきます。

 

遊歩道が線路風で、電車ごっこができる

 

mitatikouenn

線路仕様の散歩道

mitatikouen

昔の信号機今ではオブジェに見える

 

直線コースとカーブでさながら、電車ごっこ遊びが出来ます。昔の信号機もあるので、ごっこ遊びにぴったりです。朝、夕には犬の散歩やウォーキングロードになっています。一周約400m。

 

幼児用ブランコから冒険気分の船まである遊具
mitatikouenn

遊具遊び方の案内

mitatikouenn

スリルあるロケット滑り台

 

遊具の使い方では、遊具に対応する年齢が3~6歳、6~12歳と、保護者の方へや、おともだちへ、と案内がされていますが、保護者が読んで、子供たちに伝える内容です。みんなで仲良くしましょう!。

mitatikouenn

幼児用ブランコ

mitatikouenn

冒険心胸躍る海賊船

 

ありがたい、幼児専用のブランコです。ちょっと高めなのは、保護者が付き添うためですね。海賊船は、ちょっとした迷路のような感じで、隠れたと思ったら筒になった滑り台から、出てきます。

 

こんもり丘と麓にある 足つぼコーナー

 

 

 

今は、三つ葉で敷き詰められた丘、平坦なロードで物足りない方に無理のない程度の丘は、登り下りが楽しめます。そのふもとには足つぼロード、痛いところは不調の箇所かも知れません。

 

レバーを持って体重の掛け方調節しながら挑戦、足形にツボが書いてあります。肩こりは小指の下辺りです。

 

大切な物 姫路で唯一 電子基準点が設置されている場所

 

mitatikouenn

電子基準点

mitatikouenn

電子基準点の地図記号

 

電子基準点とは、国土地理院が、地殻変動の監視などを目的として設置された重要な施設。蒸気機関車のすぐ隣、約5メートルの高さのステンレス製、上部は白い半球になっていて、中には衛星から電波を受信するアンテナが収納されています。

 

全国に約1300ヶ所、約20㎞間隔で設置されています。GPS(人工衛星)の電波を受けて、正確な測量を行い地殻変動を監視するためのものです。地震国、日本で必須の物が、人知れず立っています。

 

姫路でも1984年に地震で山崎断層が動きました。この辺りでは次の山崎断層を気にしています。地殻変動時には、かなりお世話になることになります。蒸気機関車の横にあり、とても大切な物です。感謝の気持ちで見れるかもしれません。

 

地区公園 書写中央公園とは

 

  

 

地区公園とは、住区基幹公園の中で、4haの広さを持つ公園です。ここ書写中央公園は、1984年に開設され 4,9ha あり、東京ドームより広い敷地です。西に曾佐小学校、南にゴルフクラブのネットがそびえたちます。

 

中央にドーンと広いグラウンド

 

 

公園は?と思うほど、敷地の中央にドーンと、広いグラウンド。今朝はグランドで、10数名ずつ 4 グループの方々がグランドゴルフを楽しまれています。併設された屋根付き休憩所には、持参されたお茶等が待機していました。

 

グラウンドを取り囲むように公園

 

 

グラウンドの周り、ここも三つ葉の絨毯、探せば必ず四つ葉のクローバーに会えそうな気がします。その一角に遊具、違う一角にはストレッチコーナー、小さな子が真似をしないように分けて配置してある、思いやりを感じます。グランドを一周する、遊歩道(ジョギングロード)は約600m、

 

  

 

ストレッチ遊具の数々、遊歩道を散歩中の休憩にも利用、ほっとひと息スペースになっています。

 

 

 

大切な物 書写の傍示石群
mitatikouenn

書写中央公園にあった傍示石

 

公園の東側、チェーンで囲った石柱が「8本」立っています。一瞬、伊勢神宮の三ッ石?と思うほどの置き方です。傍示石(ほうじせき)とは、傍(ふだ)を立てて、ここが国境である事を示したことから付けられた名前です。石には番号と場所が記されています。

 

 

ここ書写の山領では、(東坂本村)と姫路藩領、(西坂本様村・田井村)との間で、夢前川河原の新開を禁止するため、設けられた石標です。1862年に100個の傍示石が立てられました。ここに展示されているものは、書写中央公園敷地内にあったものです。

 

夢前川の河原を田に変える動きがあり、古来からの田に用水が不足しがちになったことから、新しく田にする事を禁止するため、集落の東側に埋めた石の印です。

 

是非、寄り道して欲しいお花屋さん
syosyatyuuoukouenn

花もん屋

syosyatyuoukouenn

おとぎの国のトイレ

 

花もん屋 家庭菜園から、庭作り、部屋のインテリアまで揃っています。おとぎの国のトイレもお試しください。

 

 

 

寄り道と言っても書写中央公園の西、歩いて4分。種類の豊富さ、花が溢れておとぎの国のような配置、つい長居してしまいます。寄せ植え教室を再開します!の案内がありました。

 

 

まとめ

 

御立公園と書写中央公園、距離ににして800m、歩いて10分、車で2分、のところにあります。比較的広く家族で楽しめる公園がこんなに接近している事に驚きもあったのですが、雰囲気の違いを味わいに、両方行ってみてください。

 

書写中央公園の前には、マックスバリュー旬彩蔵があり、手ぶらで出かけても飲食のお買い物が出来ます。遊び疲れたら、夕食を調達して帰宅します。

 

注意していただきたいこと。書写中央公園は曾佐小学校と隣接しています。平日子供達の通学時、公園の駐車場へ入るには、子供達の通学路を横切ることになります。先生や、父兄の方々が見守ってくださっていますが、十分に気をつけてください。

 

駐車場  無料 御立公園、32台×2ヶ所、 書写中央公園、80台、たっぷりあるように思えますが、休日にゆっくり出かけると、スペースが無いかもしれません。それくらい人気の公園です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました